朝食をとらずにココナッツオイルをホットコーヒーに溶かしたものを飲む、という生活を始めて一ヶ月が経ちました。

認知症に有効なココナッツオイルがADHDのモノ忘れに効果あるか検証してみます

一ヶ月経過しての体調の変化などについてご報告したいと思います。

スポンサーリンク

結論 もの忘れは相変わらずしている(苦笑)

ただし、脳のごちゃごちゃが減り、集中力が続くような感じがします。
プラセボかもしれませんが、ものを忘れて玄関を出てすぐに忘れたことに気づき、すかさず取りに戻ることができるようになりました。
外出先で「あれ!?あの書類を持ってき忘れた!!」というようなハプニングの頻度が減った気がします。

数値にするとストラテラ2錠に増やしてからの、ひどい忘れ物頻度がココナッツオイルコーヒーを始めて10%程度減少したように思えます。

※あくまで個人的感想です

ADHDグレーゾーンの方には、試す価値ありかもしれません。

プラセボ:有効成分が入っていない薬を飲んでも、薬を飲んだと思うだけで心理的作用が働き、効果を表す場合があります。「プラシーボ」とも言います

朝ココナッツオイル生活で得られた想定外のおまけ2つ

おまけの1つ目は、お通じがよくなったことです。
ひどい便秘症ではないものの、毎日スッキリでは無かった体質でしたが、ココナッツオイルを摂取することで毎日快調です。

おまけの2つ目は、摂取前よりもスリムになったことです。
1ヶ月で2キログラム痩せました。
大さじ2杯もの油脂を摂取していながら痩せることができ、嬉しい驚きです。
結果として糖質制限ダイエットになっていたようです。

痩せても身体の筋力が衰えたり、頬がこけて老け見えしたりすることなく、肌のトラブルもありません。
綺麗に痩せることができました。

朝ココナッツオイル生活、これからも継続します

認知症予防も兼ねて、引き続き毎朝のココナッツオイルコーヒーを摂取し続けていこうと思います。