前職を辞めて約1年、在宅ワークでほそぼそと暮らしてきましたが、生活保護の受給金額以下の生活にメンタルをやられていますので就職活動をしようかなと考えております。

今回は、発達障害当事者として損をしないための就職活動戦略についての戦略を考えてみました。

スポンサーリンク

発達障害を伏せて一般の採用にトライするのは35歳までがタイムリミット

採用担当者は、35歳以上の履歴書は目もくれずにお祈りメールかお祈りレターを送付することが大半というのが、残念ながら現実です。ご存知でしたか?

奇跡的に書類選考が通っても、最終面接で落とされてしまいます。経営者やマネジメント上層部が嫌がるからです。なぜかというと、35歳を過ぎた人はそこそこ社会経験をしてきてプライドがあり、歳下の従業員のもとでOJT指導を素直に受けないケースが多いから。

他の社員との相性が悪そうだというイメージを持たれたり、指導する社員のストレスケアも発生する可能性が高いからなんですよね。

自分は採用担当もしていたことがありますので裏事情として結構あるあるだと思います。

私は残念ながら35歳オーバー。採用担当者からすると敬遠する年齢層に属する私は、一般雇用枠での就職は厳しいです。

しょんぼりする女性

35歳を過ぎている発達障害ママの就職活動のポイント

障害者枠での求人に応募するのは最終手段

理由は、給料がめちゃ安すぎだから。(※首都圏の障害者枠求人事情は不明です。あくまで地方住まいの条件です。)なんなんでしょうね、障害者を雇用して助成金をもらっておきながら、安く使い倒す感じが本当にいけ好かないです。

障害者年金であったり、年末調整の障害者控除という恩恵があるから給料が最低水準でもいいと考えているんでしょうか。

発達障害者のパフォーマンスは定型発達の人より優れている場合もあるのに、それに見合った給与を出す企業がほぼゼロというのが実情です。

ですので今回の就職活動では、障害者枠で応募することは優先度を下げます。

母子家庭枠での求人にトライ

発達障害ママは諸事情あってシングルマザーをしています。

ひとり親を採用すると、国から採用した企業に対して助成金が給付されるという制度があります。あえてシングルマザーを積極採用している一般職での求人に今回は最優先で応募していきたいと思います。

障害についてはクローズ(非公開)で臨みます。

ちなみに、ひとり親枠で採用する企業は、子供の病気や行事での勤怠に寛容な場合が多いので、発達障害の特性で遅刻しやすかったり、通院するときに子供を言い訳にすることも(本当はいけないことですが!)嫌な顔をされずに済むと期待しています。

また、ひとり親は条件にプラスで給与が上乗せされることが多いです。それも魅力の一つといったところ。

求人案件数は少ないですが、選考通過の可能性は高いため、最優先で挑戦したいと思います。

同じ境遇の方は、この戦略をぜひ試していただきたいと思います。